2005年11月18日

新しいもの導入(「LANDISK」と「どこドア2」)

私は家でPCを使った仕事をしています。画面は20インチと17インチのデュアル。それ以外にノートPC1台があり、マジメに相場に取り組むときは3画面です。

先日、ふと思いついてLANDISKについて調べたところ、なかなか優れた製品のようなので、一番容量の少ないHDL-120を購入。価格.comで、送料込みの値段が安くて信頼できそうなPC DEPOTを選びました。
既に持っているUSB接続の外付けHDDをこれに接続する手もあるなと思い、それに画像データをあまり扱わないので120にしましたが、デジカメをよく使う人などは、あと6000円払って容量2倍の250というのが賢い買い物かもしれません。
LANDISK HDL-120U

ファンがなく、待機時は自動停止なのでほぼ無音。よい製品だと思います。
中身はLinuxマシンだそうで、いろいろハックしている方もいらっしゃるようです。例によって橋本さんがまとめていらっしゃるので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

◇◆◇

で、さらに、今日ふと「どこドア」というソフトのことを思い出しました。
ネットワークでつながっているマシン間でキーボードとマウスを共有するためのソフトです。

たとえば私の場合、デスクトップ マシンのモニタが2台と、その右側にノートPC1台が机の上に置いてあります。ノートPCを操作するときは、身体をちょっと右に寄せてキーボードに手を伸ばしたりノート用のマウス(タッチパッドだと使いにくいので)に持ち替えたり。
けれどもこのソフトをインストールすると、マウスをデスクトップ用の右側のモニタ上で画面の右端(私の環境での設定)まで持っていくと、切り替え音がしてカーソルはノートPCの画面へ。
キーボード入力もノートPC上のソフトに対して行われます。

こいつは便利。デスクトップのキーボードからノートPCをシャットダウンできるってのが妙な感じ。
注意点は、ネットワーク経由で使うのでセキュリティ リスクがちょっとだけ増すことですね。
1800円のシェアウェアです(こちら)。試用期限が今月末なので、とりあえず試してみたいというかたはお早めに。
posted by つきっつ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9470240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。