2005年11月23日

私たちが得たもの

耐震設計の数値をごまかして構造計算をやった設計事務所、というか一級建築士の問題が騒ぎになっていますね。あまり追っていないのですが、それでも思うことはいくつかあります。
中でも「彼はなんで平然と...」の部分について思うところあり。

あ、まず今回注目したのは、販売会社の多くが迅速に良心的な対応をした、もしくはしようとしていること。まともに対応したらかなりの出費なので、ためらっても仕方ないと思うのですが、最初の段階でケチるとけっきょくズルズル押されてイメージ悪化、出費は変わらず、時間もエネルギーも空費されるというパターンになりがちなので(Avexのパターンですな)、これは賢い判断じゃないでしょうか。

でももちろんイジワルな見方もあり、「業界の人々はみんな薄々感づいていて、ばれたときにはすばやく対応しなきゃならないゾと頭の中でシミュレーション済みだったんじゃね?」という推測も可能。

で、これは「なぜ姉歯氏は他人事のように平然とTVカメラの前で解説し、申し訳なさそうな顔さえしていないのか」にもつながるわけですが、要は、
・安く売りたい
・安く作ってほしい
・材料費を減らしたい
という無言の圧力があるので「期待に応えるために」やってきたのだ、こうしないと仕事が来ないんだよ、そういう業界構造、もっと大きく言えば今の日本の現状の犠牲者っていうか代表だよオレは、というような思いでいるとしても、それをヨシとする気はありませんが、全然不思議ではないと思います。

◇◆◇

「あの先生に頼むと材料費がかさんでしょうがねぇや」「営業が建築コスト抑えろってうるせーんだよな」のような会話は、販売、施工、設計などが別会社によって行われていると成り立たないのかもしれませんが、でもまぁあってもおかしくない気がします。

いずれにせよ、これが2005年の時点で私たちの社会が得たものなんだな、と。
きっと彼と同様のことをしている人間はたくさんいるのでしょう。

◇◆◇

で...
国家財政について、もっと大きく日本という国の構造設計について、姉歯氏と同じことを延々続けてきた政治家、官僚、それにたかる民間人、今もそれを続けようとしている人々がたくさんいると思うのですが、さて、それに対する我々の批判、注目、そして批判された側の「誠意ある対応」は...
posted by つきっつ at 14:24| Comment(3) | TrackBack(1) | ニュースウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはねえ……設計屋(つか、今はただの管理職だ、俺を現場に帰せと当人は怒っておりますがw)の同居人に訊くと、かなり込み入った、フクザツな話でして。
>「期待に応えるために」やってきたのだ、こうしないと仕事が来ないんだよ、
というのは間違いなく事実です。それをよしとは誰もしませんが、同時に、もう有り体に書いてしまうと、「宣伝文句がどうであれ、本当の耐震性など、実際に地震が起こらないと誰にも保証はできない」ということになってしまうんですよ。
つか「現時点での耐震構造」は完璧じゃない、地震が来ても火事が来ても、絶対大丈夫なハコなど、実はどこにもない、ということで。リスクゼロな建物など、この世にないのです。

買う人は、それを弁えて買って欲しいし、同時に建築士協会も、素人に、相手が出したデータがわかるような、そんな相談窓口を作るべきだと思います。医者であれ弁護士であれ建築士であれ、どうも専門家は素人に伝える努力をさぼりますから。
だから「大丈夫です」と簡単に言い切って売るんです。そう言わないと売れないんですね。でも、大丈夫じゃないのは震災を経験した私が識っています。

まとまらない長文コメントごめんなさい。

Posted by acoyo at 2005年11月24日 12:50
>本当の耐震性など
あぁ、そうですよね、やはり。
乱暴に言ってしまえば、地震という自然現象の前では「科学的根拠に基づく耐震基準」も「ま、このぐらいでいっか」のドタ勘も五十歩百歩という面もあるのかもしれません。

ただ一方で、経済的に弱い国の地震では大量の建物が倒壊し、犠牲者の数も日本より1桁、2桁多いということを考えると、やっぱり「できる範囲のベスト」を尽くさなきゃ...とか書きつつ自分はどうかというと、今住んでいる建物は地震が来たら鉄骨が折れそうな気がする(1階部分が駐車場で、「この柱だけで上の部分を支えてるの?」という作り)のに、入居時には「ま、きっと大丈夫なんでしょ」といういい加減な気分でした。
で...と、自分もまとまりませんが、これは意識の中に放り込んでおくネタとなりそう。
Posted by つきっつ at 2005年11月26日 12:30
僕が知りえる限りではバブル期以降の殆どのマンション等の構築物は何らかの問題があります。其れはプロと呼べる五月蝿い連中がいなくなりましたので状況判断が出来ませんので手抜き等が横行しています。設計事務所に及ばず建築会社も当然現況麻痺しています。
昔なら此れはこうしなければダメと言い切れる持ち場の方がおられました。安い物を販売しておられる方に申し上げます。責任は必ず取って頂きます。限度があります安くて良い物なんか絶対ありえません!以上現場より!
Posted by yamanaka at 2005年11月28日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9706026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

耐震強度偽造問題
Excerpt: 大切なこと忘れてませんか? おおまかな論点としては、<1>公的資金投入の是非(補償)、<2>責任の所在と業界の構造問題(システム)、<3>人としてのモラル(思想)などが挙げられているが、ひとつ特徴的な..
Weblog: ブログ界の正論
Tracked: 2005-11-24 19:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。