2006年06月25日

「心に愛を、頭に知識を」(by つきっつ)

先日、自分でふざけて書いたのですが、ま、でも、大事かな、と。
posted by つきっつ at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

チャンスボール

よっしゃー、スマッシュだ!...ぱかーん!と、大きくアウト。
posted by つきっつ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

美樹さんは悩まない — 合理的な情熱

昨晩、テレビ東京の「カンブリア宮殿」にワタミの渡邉美樹さんが出ていました。以前から「スゴイ人だなー」と思っていましたが、いやぁ改めて感心。
posted by つきっつ at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

割れ鍋に綴じ蓋(われなべにとじぶた)

最近、慣用句とかことわざとか、あんまり使わない気がするのは気のせいでしょうか?

このことば、「とじぶた」ってなんじゃらほい?「閉じ蓋」か?つまり「割れた鍋にフタしたって意味ないじゃん!」てことか?と子供の頃に思った人は多いと思いますし、大人になってもそう思ってる人だって少なくないでしょう
(卵とじの豚、と思う人もちょっとはいるだろう...)。

でも、ご覧のように「綴じる」という字を書きまして、ま、修理してある蓋ってことのようです。

正式な意味を調べると、
破れ鍋にも相応(ふさわ)しい蓋があるように、どんな人にも相応の配偶者がいるということ。また、相応しい相手が見付かるものだということ。(http://www.geocities.jp/tomomi965/ko-jien08/wa02.html
だそうで、「似た者同士がよいという意味」と付け加えてあるサイトも多い。

「配偶者」と限定しなくても、なんていうんでしょうかね、いいところどうしがぴったり合ってくっつくカップルってのはたしかに美しくてスバラシイけど、アタイのようなダメ人間の場合、「ダメ具合」が共鳴する相手が離れがたいなんてことも、あるかも。

で、互いに美点が見つかればラッキー、のような。

ちと酔っております...
posted by つきっつ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

アンチエイジングと中島みゆき

時間はあなたにとって敵ですか、味方ですか?

◇◆◇

アンチエイジングということばがアメリカから上陸したのは、もうずいぶん前のことだと思いますが、今やすっかり化粧品のキーワードですね。

年月とともにやってくる衰えに負けず、いつまでも若々しく、というのはステキなことだと思います。

けれども、歳をとっていくこと、時間が経つことを嘆いたり「よくないこと」と思ったりというのはもったいないような気が。
posted by つきっつ at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

「俺は、うっかりして、お荷物を背負わなかった。」

阿佐田哲也氏の小説「新麻雀放浪記」の中で、バクチの「師匠」である主人公が言うセリフ。「家族や友人や、愛する人たちを持つということは、こういう点でいいんだな。」ということばに続いて発せられます。
416732301X新麻雀放浪記―申年生まれのフレンズ
阿佐田 哲也
文芸春秋 1983-01

by G-Tools

posted by つきっつ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

「憧れる」ということ

ときどきペアになって思い出すことばがあります。
1つは大昔に読んだ「恋子の毎日」(ジョージ秋山)というコミック(参考リンク)の中のセリフで、恋子の旦那であるヤクザのサブが言う「若いうちはもっといろんなものに憧れろ」というもの。
posted by つきっつ at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20歳で美しくなく...

「20歳で美しくなく、30歳で強くなく、40歳で金持ちでなく、50歳で賢くない者は、一生美しくも強くも金持ちにも賢くもなれない」
この残酷なことばを初めて目にしたのは、自分が美しくも強くもないことを知っていた20代半ばだったと思います。
posted by つきっつ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

しにばしょはいきるばしょ

ヨコトリ(横浜トリエンナーレ2005)の続きです。
松井智恵さんの(「恵」の字が厳密にはちょっと違うんですが...すみません)パフォーマンス映像が複数の山小屋のようなところ(ちっちゃい)で流れているのですが、そのうちの1つ、一番大きい小屋で流れているやつは、物語性があるので最初から見ると味わいが違うと思いました。
posted by つきっつ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

プライド

1つ前のエントリで書いた吾妻ひでおさんの「失踪日記」、さっそく近所の本屋で買い、読みました。
いやー、やっぱりこの人は大したもんですね。
posted by つきっつ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

テレビ局の皆さんにATOKを

伝説の番組、「電波少年」が字幕をうまく使って人気を取って以来(だと思っています)、バラエティ番組では字幕を入れるのが当たり前になりました。
posted by つきっつ at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

20文字で動詞5つ(^^)

フリーランスの私も、最近は某所に通って仕事をしておりまして、毎日電車に乗っています。
で、「夏の交通安全運動」とやらのアナウンスを聞くのですが、これがどうもねぇ。
posted by つきっつ at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

ポイズン「ビ」ルその後

ニッポン放送乗っ取り騒動のときに「毒薬が得薬でないように」という記事を書きました。
posted by つきっつ at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

還暦

先日、付き合っている(かなり年下の)女性を意識して「残るもの」方面のことを書いていきたいというような、まぁきわめて私的な呟き---このブログそのものがもともとそうなんですが---を書きましたが(こちら)、なんとなく実行していませんでした。
posted by つきっつ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

独断と偏見

よく使われますよね、「私の独断と偏見で選んでみました」というような表現。おもにテレビで使われていて、日常会話では少ないかもしれません。
30年くらい前、自分が子供の頃によく使われ出したという印象があるのですが、未だにイライラします。「わかってるなら、やるな
posted by つきっつ at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

「清貧」と「孤高」

昔、清貧ブームというのがありました。「清貧の思想」という本がきっかけだったかと思うのですが、お金をじゃらじゃら使うことよりも精神の充実を大事にして質素に生きようよ、というようなもの...だった...のかなぁ???というのが疑問でして。
posted by つきっつ at 10:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

毒薬が得薬でないように

先日、「× キャスティングボード ○ キャスティングボート」ということを書きましたが(こちら)、「フジテレビ騒動用語」でもう1つ。
posted by つきっつ at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

キャスティング「ヴォウト」

ニッポン放送争奪戦がらみで、村上ファンドがキャスティングボーを握っている(「持っている」など)、という記事をいくつか見ました。
posted by つきっつ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

み・ぞ・う!

本日午後7時25分頃、フジテレビで「ミゾォウ」という発音を聞きました。
posted by つきっつ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

「ひとは いつか 死ぬ」

京都に花園大学という大学があります(ホームページ)。ホームページによれば、「禅僧の近代的資質を涵養する目的をもって創られた、京都におけるもっとも古い伝統を持つ大学の一つ」とのことです。

20年以上前だと思うのですが、この大学が新聞に全面広告を出しました。
筆文字で、たしか3行に分けて

        ひとは
いつか
死ぬ
と書かれていた、と思います。
posted by つきっつ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。