2005年01月19日

<2005.2.1更新>最近のヘビーローテーション5枚(仕事のBGM)

Deep Blue
Keiko Matsui

おすすめ平均 
無想転生
癒し
松居慶子さんらしい曲集です
ドラマティック!ゆったり聴けます。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


Wildflowers
Tom Petty

おすすめ平均
傑作!
現代アメリカン・ルーツ・ロックの最高峰アルバム。
心地よい一枚、トムの趣味楽しめます
これは佳作・傑作どころじゃないと思うYO☆最高峰!!!!!!!
職人技

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ブランデンブルグ協奏曲(全曲)・ヴァイオリン第1・2番
バッハ ゲーベル(ラインハルト) ムジカ・アンティクヮ・ケルン

おすすめ平均 
力技を見せられました
ドイツの底力
傑作です。

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


Offramp
Pat Metheny Group

おすすめ平均 
Dark side of P.M.
やっぱり買いです。
Jamesこそが最高傑作
幻想的で瑞々しい、最高傑作
大名盤!!とにかくギターシンセサイザー炸裂しまくりの最高に素晴らしいアルバム

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


ジ・インターコンチネンタルズ
ビル・フリゼール

おすすめ平均 
グッド・ミュージック
不思議な音楽・・・
最高傑作!

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


posted by つきっつ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 定置網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

<2005.1.7更新>最近よいと思ったもの

■最近よいと思った本、映画などを取り上げます(不定期更新)■
原 りょう

やはりデビュー作から順番に読むのが一番楽しめると思います。
これを読んでおもしろいと思った方は、「天使たちの探偵」、「私が殺した少女」、「さらば長き眠り」を順番にどうぞ。そして、その後、最新作へ。
ちなみに私は、これを買って読んだあと、文庫本で出ていた3冊を一度に買い、できるだけゆっくりと読んでから、↓を買いました。
原 寮

この手のものは実はあまり好きじゃないんだけど、そんなに言うなら試してみるかなぁ、というような「あまり乗り気じゃないんだけど」という方には、この最新作のほうがよいかもしれません。
文が多少柔らかい気がします。
よろしければ、「同じ作家の本を続けて5冊」もご覧ください。
エドワート・ノートン

記事では、映画の作りという点が甘い気がしてあまり高く評価しませんでしたが、テーマは重く、演技もそれに見合っていたと思います。
最初のほうのバスケットボールのシーンの音楽に違和感があるなど、演出が気になって「あぁ自分は映画を見ているな」という気分になってしまったのが自分にとってのマイナスでしたが、それを差し引いてもお勧めです。
エドウィン ルフェーブル

相場で儲けたいと考えるならば必読ではないでしょうか。
と、大して儲かっていない私が言っても説得力がないかもしれませんが、「マーケットの魔術師」でインタビューされている複数の成功者を始め、多くの方が推薦していらっしゃします。
古い本ですが、「普遍の真理」が描かれているように思います。
初心者でもおもしろく読めるとは思いますが、いい目悪い目を経験してからだと「なるほど」と思う場面が増えると思います。上達して読み直すとまた新たな発見があるのではないでしょうか。
posted by つきっつ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 定置網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<2005.1.16更新>読みかけの本&気になっている本

■読みかけの本、これから読みたい本、読もうかどうか迷っている本を紹介します(不定期更新)■
ジェイク バーンスタイン

年末に小説を読み始めたら、こっちがお留守になって読みかけのままです。
将来のための必読書、宝の山、金の卵を産む鶏...の本だという手応えはあるので、じっくり読み進めます。
ケネス・J.ガーゲン

今日(2004/1/16)の朝日新聞の書評で見て、気になりました。
本を紹介している文を紹介するというのは難しい(それ以上うまく要約できない...)のですが、
・人と人との関係を通してものごとを見るという態度を徹底的に押し進める見方が社会構成主義
・唯一絶対の「正しさ」が疑わしい現代で、難問を考える手がかりになるところが強み
・生活の中での使い方も教えてくれる
・批判に対する回答も用意してくれている
で、おもしろいと思ったのは「本当にそれで(社会構成主義を使えば、ものごとが)うまくいくの?」と読者が疑問を抱いたとすれば著者はほくそ笑むだろう、という部分。
疑問から「対話」が促されるということが社会構成主義の持つ可能性である、ということらしいです。
「とことん納得できたと思わせない読後感。そこに、本書の魅力がある。」
こういう変化球には弱いんです。でもちょっと高いなぁ。3675円。
posted by つきっつ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 定置網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。